ポテトタンク

徒然なるぽてにっき


剃ると脱毛ってどっちがいいんだろう?


【スポンサーリンク】

どもどもポテタンです。

突然ですが最近「毛」について考えることが多いです。

一般的に毛は次のように考えられています。

  1. 身体を守る
  2. 体温のコントロール
  3. 威嚇や表現するもの

確かに動物である限り皮膚の角質化によって発生する突起物と考えると毛というものにも役割はあるんだろうと思います。

 

しかし人間の生活圏においてこの「毛」っていうものは無いといけないものでもなければ、無いと死ぬというものでもありません。

つまり生きていくために何の役割も果たさないあってもなくてもいいのです。

 

無いと困る!っていうのは頭の毛が乏しくなったバーコードおじさんだけです。

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20130518%2F17%2F1558407%2F51%2F504x557x42b912b1b2a3ba1ae6270ce3.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

*googleより検索

 

ということで無いといけない毛ではありますが、人間の生活圏ではこの毛を必要に応じて剃ったり整えないといけません。

  1. 会社員がヒゲをそる
  2. 髪の毛をカットする
  3. エッチのときにVIOを処理する

などなどです。

これらは人間は後天的に付随させた単なる習慣なので本来の動物的機能ではありませんよね?

(これを異性を引き寄せるための生理的行動ととらえることもできるかもしれないが今回は議論のテーマとしない)

 

こうして毛をそるという行為が世間一般では普通になりました。

(でもカミソリって高いんだよなー。)

(でもシェーバーって剃り残し出るんだよなー)

 

でも僕自身はこの剃るって行動が基本的にめんどくさすぎてやりたくありません。

特にヒゲをそるって行為です。

もちろん女の子とデートするときに毛の手入れをするのは自分のためでもあり、好きでやります。

でも会社のためとかビジネスのためとか、自分にとってどうでもいいことのために毛の処理を強いられるのは本当にめんどくさいです。

 

毛を剃ってる時間もお給料が発生するならやりますが朝起きて会社来るまでの時間給料が発生するわけもなくただただめんどくさい。

しかもカミソリって消耗品だからお金がかかる。

最近はすこしでもカミソリを長持ちさせようといろいろ試行錯誤して、Razorpitというカミソリのお手入れキットみたいなものも使っています。

Razorpit Premiumをレビュー。剃刀の替刃を持続させるエコでクールな男性用品|ポメパン

おかげさまでカミソリの消耗はある程度削減されそうですが、そもそもヒゲをそるって行為が面倒くさい。

人のために余計なことをするのが基本的に嫌いな自分が毎朝会社様のために無給で費やす5分や10分は本当に面倒くさい。

あまりに髭剃りが億劫になってしまったので最近はさらに脱毛まで始めてしまいました。

www.mein-pompan.com

ここまでして高いお金を払ったのはいかがとなりますが個人的にはこの苦しみから解放されると思うとかなり満足してます。

これから1年かけてゆっくりヒゲとおさらばしていきますが結局は脱毛と髭剃りってどっちがいいんだろう?

 

金銭面でいうと20万くらいまでなら脱毛の方が良いです。

カミソリであれ、シェーバーであれ、男である限り一生付き合う消耗品なので簡単に試算をすると22~25万くらいは使う計算になります。

なので若いうちからヒゲとおさらばしておけば将来かかってくるであろうカミソリ、シェーバーの代金が抑えられるので脱毛の方がいいかなと思います。

 

でも脱毛ってもう毛がはえてこなくなるんでしょ?

50歳、60歳のおじいちゃんになってもお顔ツルツルなんですよね?

それって実際見た目的に男らしいのかダサいのか、それは自分が年をとらないと似合う似合わないってわからないですよね?

これが脱毛の潜在的リスクだと思ってます。実はね。

正直毛嚢炎とかやけどとか一時的なものだし大したリスクじゃないんです。

本当に怖いのは将来わたって毛が生えない自分に違和感があるかないかなんだと思います。

 

僕自身はそれはちょっと不安ですが目先の髭剃りめんどくさいから、今回の様に脱毛に踏み切りました。

 

今のストレスを今後に持ち込むな。将来の不安は不安になったら考えよう。

 

 

おわり。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村